ストレス社会において厚生労働省でも職場における
メンタルヘルス対策の義務化をしていますが、
メンタルヘルスを進めるには「4つのケア」と
「管理監督者による部下への接し方」について紹介します。

 

≪4つのケア≫

◆心の健康問題の特性
心の健康についてのプロセスの把握は発生過程は
個人差もあるので評価は難しく困難とされています。

 

問題としては…
・職場への不満
・気の緩みなどといったことから評価が行われる傾向が強い

 

心の問題は全ての労働者が抱えている可能性もあります。
でも、これは本人の自覚の問題と捉えてられています。

 

◆労働者の個人情報の保護への配慮

メンタルヘルスケアを進める時に重要なのは…
・労働者の意思の尊重
・と健康情報を含む既往歴など労働者の個人情報の保護

 

メンタルヘルスケアが効果的に推進するための必須条件は…
・心の健康に関する情報収集
・利用する際の個人情報への配慮
・安心して労働者がメンタルヘルスケアに参加できること

 

◆人事労務管理との関係

労働者の心の健康と密接に関係していて大きな影響を受ける要因は…
・職場の配置
・人事異動
・職場の組織等の人事労務管理

 

◆家庭・個人生活等の職場以外の問題

心の健康の問題は個人の要因も影響を与えるので、
職場だけでなく家庭や個人生活のなどの
ストレス要因の影響を受ける場合も多くあります。

 

≪管理監督者による部下への接し方≫

管理監督者の役割が重要で今までになかった行動を繰り返すなど
「いつもと違う」部下に早く気づくことが大切。

 

例えば…
・遅刻を繰り返すようになった
・無断欠勤をするようになった
・報告・相談・職場での会話が亡くなった

 

管理監督者は部下に関心を持って接することが大事で、
そうすることにより普段の行動と違うことにも気がつくこともできます。
気づいた場合は職務上何らかの対応をする必要があります。

 

早期発見する為にも部下が上司に相談しやすい環境や雰囲気を
管理監督者は整えること、ストレスの要因を把握することは
心の健康問題の早期発見するのに重要なことになります。

 

長時間労働では過労状況にある部下やストレスを伴う出来事を
経験した部下には適切な状況を提供することにが大切となります。

 

管理監督者は…
・部下に声をかけたり積極的に話を聞く
・部下のものの見方・考え方・行動様式を理解すること

 

また、メンタルヘルス不調により休職していた部下が復職した場合は、
復職者は不安を抱えて復職するので、職場全体の緊張を和らげることにより、ストレスも軽減になるので、そういった配慮も管理監督者の配慮も必要となります。