うつ病患者がスムーズに社会復帰するのに重要なことは
本人が社会復帰に対して自信を持つこと
無理に社会復帰をすると再発する可能性もあるので、焦らないこと。

 

また、症状をしっかりと理解して無理をしないように生活スタイルを
見直しをするなど自己管理ができるかということも重要になってきます。

 

社会復帰時期は…
本人の意思と本人を主治医や家族から客観的にみた状態で決める必要があります。

 

社会復帰後の環境としては…
本人の負担を以前より減らすこと。

 

うつ病の発症は環境因子にある場合は…
復帰をしても以前と環境が変わらない状態だと、
再発の可能性が非常に高くなるので危険な状況となります。

 

復職に向けて休職者は復職の為のリワークプログラムや
復職支援施設があるので、そういったものを活用したり、
エネルギーが溜まってきたら1カ月~半年程度復職を考えてみるのもいいようです。

 

でも、休職中は「十分期間を取って必要な量の薬を飲み、
治療を続けながら様子を見る」というのが重要となります。

 

復帰には無理することはいけませんが、休職期間が長くなると復職の壁が高く感じてしまい、これがプレッシャーとなる可能性もあります。

 

また、復帰直後だとストレスも非常に大きいので、最初は3カ月程度、
半日又は仕事量も通常勤務の3分の2程度くらい、
仕事内容も高いプレッシャーにならないように顧客とか
直接接する対クライアント案件は避けた方がいいとされています。

 

仕事もいろいろな業種もあますが、IT業界は外資との競争も激しく、
また、看護師などが復帰する際にはリネンの洗濯系等から始めるなど、ある程度のゆとりのあるポスト・無理のないポスト環境での復職を
提供することは企業にとっても非常に大切な要素となります。

 

企業側は…
病状の回復には環境が大きく影響することを理解する必要があるようです。

 

復職に失敗するのは少ないようですが、復職に失敗すると自信を持てなくなり、再発した場合は医師としても診断書も書きにくくもなります。
このようなケースは企業側の理解がないことが多いようです。