摂食障害はほうっておくと体も病み疲れて死にいたることもあるので
生命に危険もある深刻な病気です。
摂食障害には拒食症と過食症があります。

 

拒食症は…

食事の量が減り、低カロリーのものしか食べないので体重が極端に減り、やせることにより生理が来なくなる症状。

 

標準体重の60%以下に痩せてしまうと重度の合併症、
低栄養による腎不全や低血糖、電解質以上による不整脈、
結核などの感染症などを起こしやすくなります。

 

過食症は…
食べ始めるとやめられなくなり、過剰に食べては吐き、
食べ過ぎたことに後悔して憂鬱になるなどの症状。

 

拒食症から過食症、過食症から拒食症になることもあります。

 

摂食障害の要因は様々なストレスが多く、本人は治療したがらないが、低栄養から様々な体調不調や死にいたることもあるので、
周囲の人の理解やサポートがとても大切になります。

 

摂食障害の背景には体重へのこだわり「太りたくない、やせたい」、
心理的背景には「自分は太っている・醜い→自分には価値がない」という思い込みがあります。

 

最近では男性でも摂食障害は増えてきている背景もあるようですが、
ほとんどが女性で拒食症は10代、過食症は20代が多い傾向があるそうです。

 

拒食症の場合は…
・体重を測ってみる。

標準体重の80%以下は、やせすぎですで、このくらいの体重が何ヶ月も続く場合。
※健康なやせの場合、標準体重の80%以下になることはまずありません。

 

・月経はあるか。

体重が標準体重の80%以下で、かつ月経がない場合

 

過食症の場合は…

・体重は標準体重に近く、肥満でもやせでもない。
・家族のいない時や真夜中など人のいない時に、
短時間のうちに大量に食べることをやめられない。
・とくにストレスを感じると、過食したくなる。
・食べている時は何も考えずにいられて幸せだけれども、
食べた後、猛烈な自己嫌悪におちいる。
・食べ過ぎて太ることが心配になり、のどに指を入れて吐く、
下剤や利尿剤を使って無理に排泄しようとする。

 

治療法は…

治療は摂食障害の専門医やカウンセラーがいる病院を選び、
状況に応じては入院治療もおこなわれることもあります。

 

心理療法を中心となり、体重に対するこだわりや間違った自己評価などを正常にすること。
薬治療により心身の回復や栄養指導などが必要に応じて行われます。

 

本人は治療により体重が増えるなどのなかなか治療に納得しないので、学校や家族・友達などが治療できるように支えていくことが大切となります。

 

病気に対しては家族が関係していることもあるので、
家族の接し方や家族環境に関するカウンセリングが必要となります。